ヒノキの平茶椀

作ったうつわは、大体1個はなにかしらの不具合(割れなど)があるので、
それを必ず試しに自分で使ってみています。
今回のこの平茶椀は、かなり使い心地良く仕上がりました。
ヒノキ材なので、お椀の木地自体が柔らかく、
キズがつきやすいですが、その代わり触って冷たい感じが全くしません。
木のうつわでも、広葉樹、中でもトチノキなどの散孔材は、
少し冷たい感じがするので、ちょっと不思議です。
黒っぽいうつわだと、ご飯の白が映えますね。
ちょっとだけ盛っても多めに盛っても上品に見えるし、
これならお茶漬けも品良くいただけそう。

IMG_1144

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。